iOSからAndroidへの乗り換え時に気をつけたいこと【アプリ編】

僕のスマートフォンの乗り換えは、iOS(iPhone SE)からAndroid(Galaxy Note9)という環境でした。

クラウドサービス(主にGoogle。電話帳やメール等)を使って主要なデータを管理していたこともあり、携帯電話として必要なデータの移行はスムーズに終えたのですが、幾つかのアプリでは注意が必要でした。

「主に僕の環境では」という前提にはなりますが、そのあたりをまとめてみます。

Android/iPhone間の乗り換え時に気をつけたいアプリ

気をつけたいアプリ(その1):LINE

機種変更の際には、ID引き継ぎ機能が用意されています。

これを使うことで「友だち」や「グループ」などの基本的な情報は引き継ぎが可能なのですが、「トーク履歴」だけは注意が必要。

Android同士、iPhone同士なら引き継ぎ可能ですが、Android/iPhone のようにOSが変わってしまうと引き継ぎができません。

代わりに、トーク履歴をテキストファイルに保存するという処置は取れるのですが、LINEアプリ上ではトークが消えて見えなくなってしまいます。また、トーク上でやり取りしている画像なども基本は手動で保存する必要があるため、がっつりLINEを使っている人にとっては手間かもしれません。

LINEアプリでは、ID引き継ぎ機能を利用するただし、トーク履歴だけはOSが変わると引き継げないため注意が必要。
同じOS同士でも、ID引き継ぎ時にはしっかりとバックアップをとっておくなど、作業の前の準備は念入りにチェックしておくと泣かずに済むと思います。

けいパパ

気をつけたいアプリ(その2):Suica

こちらは、iPhoneからAndroidへの移行方法はありませんでした。

ただ、残金に関しては払い戻しの手続きができるので(多少の手数料は差し引かれますが)そこは安心して良さそうです。僕はこれに該当するので、ひとまず残金の払い戻しだけは済ませておきました。

Suicaアプリでは、iPhone から Android への機種変更時の移行はできない(その逆なら方法はありそう)。残金は払い戻しができるので、しっかり手続きをしておく。
ちなみに、この逆のAndroidからiPhoneへの移行はできるようなので、そちらについては問題ないのかも(僕の環境では確認できないため未実施です。)

けいパパ

まとめ

いまのところ、アプリやデータの移行に問題があったのはこの2つですが、もし他にも見つけたら追記していこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください