仕事と育児の両立!フリーランスパパの一日のスケジュール例

はじめに

ぼくは、フリーランスとして個人事業を営んでいます。

ぼくがまだ小さい頃、祖父と父は個人経営でガラスやサッシの注文を受けてお届け&はめかえたりするお仕事をやっていました。

そんな記憶が片隅にあったからか、ぼく自身も気がつけば個人事業主となり、もう10年以上が経っています。

しかし、そんなフリーランス生活も子どもたちが生まれてからは一変。

業務や趣味のために夜遅くまで自分の時間を使っていましたが、そんな生活を切り替えざるをえなくなりました。最初の頃は、それが嫌でイヤで仕方がなかったのですが(苦笑)、今ではそれらを受け入れ、「限られた時間を上手く使う。時間が足りなければ生み出すべし!」とムチを打ちながら過ごしています。

今回はそんなフリーランスパパの一日のスケジュールを書きたいと思います。

ちなみに、妻の仕事が土日出勤や遅番などがある関係で、家事・育児のウェイトはぼくの方にやや寄っています。そのため、もしかするとパパ目線というよりは、ママ目線に近いかもしれません。

小さな子どもがいるけど、在宅ワークで仕事ができるかな?と思っている方や、フリーランスを目指したいけど、いつか子どもが欲しいと思っている方の参考になれば嬉しいです。

フリーランスパパの平均的な1日のスケジュール

5:00頃
起床・朝活
夜、子どもの寝かしつけをしながら自分も寝てしまうことが多いため、朝早く起きるスタイルに切り替えました。朝食をつくるまでの約1時間くらいが自分の時間です。
最初の頃はこの時間を仕事に充てていましたが、もっとクリエイティブで1日がワクワク楽しくなるような時間にしたいと思い、手帳タイムやブログ、勉強や読書などをするようにしています。

けいパパ

6:30
朝食の支度
自分の時間にキリをつけて、子どもたちを起こしつつ朝食の支度。ちなみに朝はだいたいパン食です。

卵焼き + ソーセージかハム + サラダ + フルーツかヨーグルトあたりが鉄板メニュー。土日はホットケーキまたはフレンチトーストでローテーション。ときどきサンドイッチやピザトーストに変わる感じです。

けいパパ

8:30頃
保育園登園
お兄ちゃんは小学校に上がったので8時前に「行ってらっしゃい」を済ませ、そのあと準備が出来次第、弟くんを登園させています。

これが終わらないことには業務が開始できないので、ここが朝のがんばりどころ。妻の方が早めに出勤するのでぼくが行くことが多いです。(妻が休みの日は、バトンタッチして登園はママ担当)

子どもたちの様子次第でスムーズにいかないときもあるのですが、あと数年だからイライラせずに広い器で見届けてあげたいですね。

けいパパ

9:00〜9:30
業務開始
概ねこの時間帯に業務を開始。
メールチェック&返信をすませてから本業務へ入ります。
以前は、メールが届いたらその都度チェックして返信という形を取っていましたが、メールを読むことで自分の業務が中断してしまうため、メールのチェックは回数を決めることにしました。

だいたい朝・昼・夕の3回チェックすれば緊急のとき以外は問題ないことが分かったので、そのときだけメールソフトを立ち上げてそれ以外は閉じています。(緊急時には電話を使用)

けいパパ

また、座りっぱなしの防止と気分転換のために、だいたい60〜90分を一区切りにして10分程度の休憩を挟むようにしています。

この10分の間に業務に関連してアイデアを思いついたり、足りないことに気がついたりすることもあるので、自分にはこのスタイルがあっているのかもしれません。

12:00
昼食
業務の進行によって変わりがちですが、だいたいこれくらいにお昼休憩。
食べ終わって一息ついたあとは、新聞やネットで情報収集も。

けいパパ

13:00
業務再開
だいたい1時間程度のランチ&お昼休憩を挟んで、午後の業務を再開します。
気分転換を兼ねて、ごくたまにカフェで仕事をすることもあります。必要に応じて食材や日用品の補給のために短時間で買い物をするのもこの時間帯です。

夕方になるとスーパーなどは混んじゃうので、昼間に動けると何かと助かるのですよね。ただ、業務時間が犠牲になるので、バランスを上手く考えないと仕事が破綻します(汗)。

けいパパ

17:00頃
お兄ちゃん帰宅&終業目安
学童に行っているお兄ちゃんが帰宅する時間帯に合わせて、ぼくの仕事も一区切りにしています。
ここでだら〜っと仕事が伸びてしまうと、子どもとの時間が取れなくなっちゃうので一番気をつけなきゃいけない時間帯だったりします。

けいパパ

17:30
保育園おむかえ
ぼくが弟くんのお迎えに行く場合は、この時間を目安に動いています。妻が残業じゃない日は、妻にお迎えに行ってもらってぼくは夕食の準備などですね。
このあたりは、夫婦間でお互いの仕事や家事・育児とのバランスを相談しあわないと、どちらかのストレスや負加増に直結していくので要注意かもしれません。

けいパパ

18:30頃
夕食の準備〜夕食〜お遊びやお風呂
子どもたちが帰ってきてすぐに夕食!とできれば良いんですが、なかなかそうはいかないので少し待ってもらいつつ夕食。そのあとお風呂という流れです。

以前は帰宅後にお風呂→夕食だったのですが(お風呂に入っている間にもう片方が夕食を準備して、出てきたらみんなで食事)、子どもたちがそれを嫌がり、いまのスタイルに落ち着きました。

けいパパ

21:30〜22:00頃
就寝・寝かしつけ
歯磨きなどを済ませて子どもたちが布団に入るのはだいたいこれくらいの時間。
本当は21時には布団に入ってほしいのだけどなかなか難しいですね。

小学校に入ったお兄ちゃんの宿題や遊びのバランスを考えながら、家族みんなが笑えるように調整していきたいところです。

業務が忙しいときには、子どもたちが寝てから深夜まで仕事をすることもありますが、それを続けると疲れが溜まってしまうため、なるべく一緒に寝て朝に動くようにしています。

けいパパ

まとめ

以上、いかがでしたでしょうか。

外部で仕事をしているときもあるので、毎日が上記のとおりというわけではありませんが、おおむね上記のようなスタイルで仕事をしています。

多少の前後はあるものの1日の仕事時間は7〜9時間くらい。
実際には、朝や晩に仕事をすることもあるので、日によっては+2〜4時間くらいの残業をしているかもしれません。

なるべく残業は無くして家族と向き合う時間をつくりたいので、もっともっと工夫をしていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください