【スマホの乗り換え記①】格安SIMからドコモへ。ガラケーとスマホの2台持ちを1台に集約!

プライベート用【ドコモ】と仕事用【格安SIM】で2台持ち

ここ数年、僕は携帯電話を2台持ちで運用していました。
使っていたのは、ガラケー+スマホ(iPhone)です。


それぞれの用途や運用状況はこんな感じ。

ガラケー
主に家族や友人との連絡用に使っていたドコモ回線。
実家の家族や妻がガラケーなこともあり、メールのやり取りはこちらの方がやりやすい。直近半年くらいの月平均運用コストは2,000円前後でした。

スマートフォン(iPhone SE)
こちらは主に仕事用。
通話+データ 3GB で契約していた格安SIMの回線(ちなみにmineo)。仕事上、LINEでのやり取りが増えたこともあり2016年から導入。さっとポケットに入れて確認できる iPhone SE のサイズ感がお気に入りで、お値段も安く回線スピードも快適でした。運用開始から1年程度の間、こちらの月平均コストは2,000円未満。

両回線をあわせても4,000円以内で収まっていたのですが、その後この運用状況にも変化が出てきたのです。

ちなみに2台に分けていたのは、経費の計算上「こっちは経費」「こっちは違う」の切り分けがしやすかったからです。

けいパパ

月々の運用コストやネットの混雑状況に変化が出てきた

いきなり結論を書きましたが、僕にとっては大きく3つの変化がありました。

変化1:仕事での通話が増えた!(格安SIMでの運用課題①)

仕事での通話時間が増えたことにより、格安回線の運用コストが2,000円未満→5,000円に迫る勢いに!軽く2倍を超えてしまいました。

電話をやめてメールやLINEで済ませれば?という声もありそうですが、僕はお客様の要望の中で微妙なニュアンスやその裏に隠れているであろう意図をしっかりキャッチしたいと思っています。

そうするとやっぱり「電話で直に声を聞く」という手段をとりたい!

仕事での必要経費だし、それが通信費5,000円(=モバイル回線+通話料)なら決して高くはないはず。でも、他にサーバー運用費や自宅の固定回線なども含めると年間通信費としてはなかなか良い額面になってしまう。

そう考えると少しでもコストを抑えたいのが本音だったり。

けいパパ

変化2:混雑時間帯のネットが激重になった!(格安SIMでの運用課題②)

2つめは、格安SIMでの通信速度。

運用を開始した当初は通信速度も快適だったのですが、おそらく格安回線のユーザー数が増加したという背景もあるのでしょう。朝・昼・夕のいわゆる通勤やランチタイムといった時間帯は通信速度が激重になってきました。

外仕事中、急ぎで調べ物をしたり、メールをしなきゃいけない場面が増え、そんなときにすぐにネットが見れない、つながらないという状況には困りました。

移動中の暇つぶし程度であれば通信速度が遅くても我慢できるし、なんなら読書に切り替えたりいするのでいいんですけどね。

けいパパ

変化3:ガラケーの電波圏外が増えた!

3つめは、ガラケーの問題。

例えば、自宅や最寄り駅、都心などでも「圏外」と表示されることが増えました。それまでは同じ場所でも問題なく通じていたし、あきらかに遮蔽物がない場面でも圏外と表示されていて電話が繋がらない・・。

我が家では子どもを保育園に預けているのですが、園からの緊急連絡(呼び出し)に対応できず、我が子や先生方に迷惑をかけてしまうのは一番避けたい事態です・・。

ちなみにこのガラケーは2012年製でした。運用して5年以上は経過しているのでさすがにヘタってきていたのかもしれません。

けいパパ

ドコモの料金シミュレーションで比較してみた

そんなわけで、このまま2台持ち運用を継続してもよいのか?と思うようになりました。良い機会だし、料金や契約内容を見直してみようかなと。

2台持ち+自宅の固定回線の利用料金(現状)

まずは現状把握から。
だいたい1年分くらいの支払い状況を追いかけてみるとこんな感じでした。

通話が少ないときの2台の料金・・・4,500〜5,000円
通話が増えたときの2台の料金・・・6,000〜7,000円前後
固定回線をあわせると・・・・・・12,000〜15,000円程度

これらをドコモに集約してみる

ガラケーのドコモ回線は、気がつけばもう20年近くの契約で実は長期ユーザだったり。

なので、ドコモから出ていくというのは考えづらい・・。

そこで仮に、この2台持ち運用を、ドコモでスマホ1台に集約したとしたらどうなるか?を調べてみました。あわせて、自宅の固定回線(フレッツ光)をドコモ光に転用したらどうなるかもシミュレーションしてみるとー。

シミュレーション条件
  • 機種は iPhone 8 を想定(仮)
  • カケホーダイライトプラン(5分以内の電話は無料)
  • ベーシックパック(3GBまで ← mineoでこの容量なので同じに設定)
  • ドコモ光セット(固定回線、フレッツ光からの転用)
  • 光電話とテレビオプション付き
結果は・・?
1年め・・・・11,772円(機種代含む。スマホウェルカム割が入るので安い)
2年め・・・・13,392円(ウェルカム割がなくなるので若干お高めになる)
2年め以降・・12,582円!
現状の運用費と、シミュレーション結果を比べてみると、安いと思っていた格安SIMでの2台持ち運用と同じくらいか、通話が増える月のことを考えると、2台持ちの運用よりも安くなるではないですか!
さすがに、固定回線(ドコモ光)とのセット割引や、長期ユーザであったことの恩恵(ずっとドコモ割)が加味されると割安感が増すみたい。

けいパパ

大手3社の通信業者と、格安SIMの通信速度を比較したサイトがあちこちにありますが、それらをみると混雑時間帯でも大手3社はさすがに速度をキープできている様子。そういった通信品質を考慮するなら、この価格でもアリでは!?と思った瞬間でした。

そして妻もスマホユーザーへ

ついでに、妻も長年のガラケー&ドコモユーザー。

保育園に通う保護者同士でLINEグループが運用されていることもあり、「夫がスマホに変えるなら私も変える」と考えているよう。参考までに妻の運用コストを聞いてみると、月平均で5〜6千円になることもあるらしく、実家の両親と写真のやり取りを頻繁に行うと高額になるとか。

それなら、スマホに変えたほうが写真のやり取りもスムーズだし、ガラケーよりも断然高解像度の写真が撮れるよね!ってわけで夫婦揃って乗り換える方向で意見が一致しました。

まとめ

そんなわけで、数年間利用したガラケーとスマホの2台は代替わりを迎えることとなりました。

我が家の通信環境トータルで考えてみると、僕の契約だけではなく、妻の携帯電話+自宅の固定回線契約も一緒に見直すことで、総合的にメリットありと判断

いろいろと調べたり、シミュレーションしたりでかなりの時間を費やしましたが満足のいく結果が導き出せたかなと思います。

補足
ここでは、「格安SIM → 大手業者へ契約を乗り換え」という流れになっていますが、格安SIM自体は自分の使い方とその料金バランスがあっていれば選択肢としては充分アリ!と思っています。

決して格安SIMが使えないわけではないし、大手の価格帯が高くてダメというわけでもありません。自分の利用にあった通信プランはどこが提供してくれていて、その価値に満足できるのはどれか?

それらを「探せる・選べる」という意味では良い環境になってきたんだなと思います。

それでも、ヨーロッパなどと比べると日本は通信費が高めと言われていますね。まぁ、そのあたりの価格競争は今後に期待したいです。

けいパパ

最後に、今回の検討で僕なりの格安SIMを選ぶポイントが見えた気がするので、それらをまとめておきたいと思います。

僕なりの格安SIMの業者やプランを選ぶ際のポイント
  • 通話はどれくらい?(業者やプランによっては10分以内なら通話し放題もある)
  • 必要なデータ容量は?(各社多数用意しているので大手よりも選びやすい)
  • 混雑時間帯の利用頻度は?(仕事やプライベートへの影響はないかを考慮しよう)

以上です。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

乗り換えた機種等については、また別の記事でまとめてみようかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください