【スマホの乗り換え記③】格安SIMからドコモへ。運用料金はどう変わるの?

 

格安SIMからドコモへの乗り換え記その③です。

これまで、次のような記事を書いてきました。

【スマホの乗り換え記①】格安SIMからドコモへ。ガラケーとスマホの2台持ちを1台に集約! 【スマホの乗り換え記②】格安SIMからドコモへ。機種変候補にGalaxyNote9を選んだ理由

今回は、いよいよ核心ともいうべき、乗り換え後の運用料金はどうなるの?という点についてまとめたいと思います。

ポイントはずばり!【家族】という枠で考えるとどうなるか?

これまでの内容は上記のリンクからご覧いただけますので、気になる方はあわせてチェックしてみてくださいね。

けいパパ

スマホ(格安SIM)とガラケー(ドコモ)の2台持ち+自宅の固定回線をドコモに集約すると運用料金はこうなる!

さて、まずは我が家の契約見直しプランです。

契約見直しプラン方針
  • 通話・・僕は仕事である程度発生する(=カケホーダイライトプランに)。妻の通話は少なく、基本は受けることが多い(シンプルプランで良さそう)
  • データ通信・・2人分を考えてもそう多くならないであろうと予想=シェアプランで分け合う形が良さそう。(格安SIMでは3GBで充分だったので、2人で5GBでも大丈夫なはず)
  • 自宅回線は、NTTフレッツ光からドコモ光に変更(転用)

1ヶ月あたりの通信料金の比較表

乗り換え前後の運用料金がどう変わるのか。せっかくなので比較表をつくってみました。

乗り換え前と乗り換え後のコスト比較表(クリックで大きく表示)

乗り換え前の金額についての補足

直近3ヶ月〜半年くらいの料金をもとに平均値を出してみました。僕は個人事業主として仕事でも使っている部分があるので一部は経費として計上する形ですが、自宅の固定回線まで含めるとなかなか大きい金額です。(乗り換え前で月々約2万円)

乗り換え後の金額についての補足

契約の手続きをしたのが今月(12月)なので、2019年1月から請求されるであろう金額です。この数字は契約時の書類から抜き出したものなので、通話が増えれば実際の請求は若干増える可能性もありますが、これらが月々の基本料金となるはず。

ちなみに、通信費がどうなるかを比較するため、ここには機種代金は含んでいません。それらを含めると2年間は金額が増えるので、そのあたりはお含みおきください。

けいパパ

乗り換え後の運用料金が高くなってるぞ!?

トータルコストについて

トータルコストについて(クリックで大きく表示)

乗り換え後の合計額を見ると、¥20,104 → ¥22,354 と乗り換え前より増えています(汗)。・・こんな記事を書いておいて、まさかの乗り換え失敗!?というわけではないのですが、良い感じの数字とは言い難いですね。

実は、契約時に「1ヶ月は無料なのでお試しでやってみる」というオプションを幾つか追加したのです。そのため金額が増えてしまいました。

追加したオプションは、dヘルスケアdグルメといったドコモのサービス。1ヶ月間は無料なのでひとまず追加したのですが2人で約2千円分・・。意外と良い金額でびっくり。

けいパパ

このまま運用するのももったいないので、様子を見ながら次のような方法で適正化をしていくつもりです。

コスト適正化その①:dヘルスケア、dグルメのオプションを解約する

コスト適正化その①(クリックで大きく表示)

これらを解約すると ¥20,554 になります。これで乗り換え前とほぼ同額。

乗り換え前の問題でもあった、「ガラケーで電波がうまく受信できなかったこと」「格安SIMでの朝・昼・夕の混雑時間帯でネット閲覧がままならなかったこと」などを考えると、ほぼ同額でこれらの問題がクリアされます

また、仕事用として使っていた格安SIMでは通話が増えたために料金アップ。そこに難を感じていたわけですが、今回の乗り換えで5分以内は通話無料のプランにしたので、このあたりも料金を抑えることに貢献してくれそうです。

このあたりを考慮すると、乗り換えの成否という意味ではまずまずの結果かと思います。

けいパパ

ちなみに、僕も妻もヘルスケアやグルメに興味ありで、ドコモショップで話を聞くうちに「やってみよう」「使ってみよう」という気持ちが勝ったので追加したことに後悔はありません。

が、厳密なコストダウンを考えると、オプション付与は運用コストを増やしてしまうので気をつけたいポイントと言えそう。1ヶ月後、やっぱり要らないと思ったら解約しようと思います。

コスト適正化その②:保証や留守電オプションを解約する

コスト適正化その②(クリックで大きく表示)

これらを解約すると ¥18,264 となり、ドコモの料金シミュレーションで算出していた金額に近づきます。

僕の場合、Galaxy Note9を選んだので、今まで使っていた iPhone SE よりも端末サイズが大きくなってしまいました。またiPhoneからAndroidへの乗り換えでもあり、使い慣れない機種ということを考慮すると、一応保証サービスがあったほうが良いかなと考えました。妻も「はじめてのスマホ」ということで同じく慎重なスタートを選択。

このあたりは、そこに価値を感じることができれば多少の料金アップは仕方がないかなと思います。が、こちらもある程度運用してみて、いらないと感じたら解約しようと思っています。

まとめ

当初想定していたよりも追加オプションが発生したため、運用料金は乗り換え前よりも増額となりました。しかし、追加したオプションは今後見直していくつもりなので、おそらく乗り換え前とほぼ同額か、それよりも安い料金で運用することができると思っています。

実際の月々請求はこれから始まりますし、使い勝手とコスト感は本当のところどうなのか。そのあたりもこれから見えてくると期待しています。

スピードや品質の面では安心できるはず!と思っていますが、はてさてどうなることやら。「乗り換え成功!」と言えるのは、そうしたことが見えてきてからかもしれませんね。

けいパパ

また、月日をあらためて経過報告ができればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください