【スマホの乗り換え記②】格安SIMからドコモへ。機種変候補にGalaxyNote9を選んだ理由

格安SIMからドコモへの乗り換え記事その2です。

なぜ、格安SIMをやめるのか?という点については以下の記事を参考にしていただくとして。この記事では新しい機種の候補選びについて考えていきたいと思います。

【スマホの乗り換え記①】格安SIMからドコモへ。ガラケーとスマホの2台持ちを1台に集約!

ちなみにお急ぎの方のためにも、簡単に経緯だけ示しておくとー、

これまでの簡単な経緯
  • これまでは携帯2台持ちで運用していた。
  • プライベート用にガラケー(ドコモ回線)+仕事用にスマホ(iPhone SE/格安SIMのmineo)を使っていた。
  • ガラケーの電波受信が悪くなった+仕事での通話が増えたため買い替えを検討。
  • 2台での運用コストに割安感がなくなり、スマホ1台に集約することにした。

そこで、次のステップとなる新しい機種選びをどうするか?についてまとめてみました。

新しい機種に「Galaxy Note9」を選んだ理由

候補選びはかなり難航しましたが、いろいろと迷った末にSamsungの「Galaxy Note9」を選びました。その理由は次の3つ。

Galaxy Note9を選んだ理由
  • Sペンが魅力的!
  • いざというときのDexモードが画期的!
  • 仕事のやり方を変えられるかも!という期待

それぞれをもう少し詳しくみてみるとー。

Sペンが魅力的!

スマホにペンが付いている!というのは、数あるスマートフォンをみても他にはありません。Galaxy Noteシリーズだけ。コレに関しては唯一無二の存在だったりします。実は初代Galaxy Noteの頃からとても心を惹かれていました。しかもそのペンは画面にくっつくわけじゃなく本体に格納できる!まさにスマート!

僕は、手帳やノートが好きでいつも持ち歩いてメモをするのですが、それをスマホで実現できるというのは魅力的です。実際に触ってみると、Wacomのペン技術が採用されているだけあって、ペンの筆記性やポインタの追従も悪くなく、これなら良いかも!と思いました。

それから、Note9のペンはBluetoothを内蔵していて、リモコン的に使えるというのも素敵です。我が家では、家族で旅行に行ったりちょっとしたお出かけの際に家族で顔を寄せ合って写真を撮るのが好きなのですが、そんな場面でもスマホをどこかに置いて離れてシャッターを切るという使い方ができそう!

ちょうど公式の動画にもありましたがこんなイメージ。


さすがにこの動画のようなシチュエーションは少ないとは思いますが、こんなふうに遠隔で写真が撮れたら面白いなと。ただ、Apple Watch を使えば iPhone でも遠隔でシャッターは切れますね。

けいパパ

いざというときのDexモードが画期的!

Dexモードというのは、スマホがデスクトップパソコンのように使える!という機能です。

参考 DeX 挿し込むだけでGalaxyが<br /> デスクトップPCにGalaxy公式サイト

必要なアイテムは、HDMIケーブルとモニターの2つだけ。
Note8の頃にも同じ機能はあったようですが、別売りのアクセサリー(Dex Stationという接続用のアクセサリー)が必要で持ち運びを考えるとこれは難ありかも・・。

でも、Note9ではこのアクセサリーが不要になったらしく、この機能を使ってスマホで撮影した写真やデータを大きな画面で確認したり、文書作成やプレゼンなんかにも使えるみたい。

僕は、基本は自宅で仕事なのですが、出先でプレゼンをしたり、プレゼンとは言わないまでも資料を見せたい場面もあるので、そんなときに活用できたら良いなと。「ペンがリモコン的に使える」というのもプレゼンの際に重宝しそうです。

Note9は、メモリ6GBを積んでいるという高スペックなのですが、こうした作業ができることを考えるとそれも頷けます。

けいパパ

仕事のやり方を変えられるかも!という期待

手帳やメモ帳の代わりにスマホでペンを使ってメモを取ったり、外出先にはノートパソコンを持たずにスマホで資料を見せる・・。

このスマホだったら、もしかすると仕事のやり方を変えられるかもしれない!?

この製品の情報に触れていると、そんな期待感が高まります。他に候補となっていたスマホは幾つかありますが、これらを実現できるのは Galaxy Note9 かもしれない!

そんな想像ができたことが機種選定の大きな決定打となりました。

なぜ iPhone ではなく Andoroid を選ぶのか?

さて、ここで話は変わってしまいますが、僕はここ数年Appleユーザーだったりします。

もともとパソコンはWindowsを使っていたのですが、とあるきっかけからMacユーザーに転身。格安SIMで使っていたスマホは iPhone SE でした(SIMフリー版を購入)。

実は、初めてのスマホは 初代Galaxy(GALAXY S) で、2010年から2年近く使っていたと思います。当時のAndroidは動作もモッサリで使いにくく、何度も再起動を繰り返していたことを思い出します。

そんな経験から「スマホはまだいらない」と思い、ガラケーに機種変更をしました。何不自由なく使っていたのですが、その後仕事のためにと再びスマホを契約(これが格安SIMで運用していた iPhone SE。ガラケーとの2台持ち)、現在に至ります。

スマホのデータ移行やデバイス同士の活用・利便性を考えると、新しいスマホの候補は自然とiPhone一択だったのですが・・。

iPhone SE 自体には性能面で全く不満はなかったことと、ここ数年は iPhone ならでは!という機能が少なく、iPhone を新しくしても操作や運用面の環境は何も変わらないなと感じていました。

そういう意味では、iPhone は熟成のたまものですよね。ただ、僕としてはそこに少し物足りなさを感じていたのかもしれません。

けいパパ

Androidの世界は何だか面白そうなことに

一方、Andoroid界隈に目を移すと、各社が競って様々にチャレンジングなことをしているではありませんか。

「うちはカメラが3つだぜ!」
「いやいや、うちは次の機種では4つ!」
「いやいやいや、シングルカメラでもソフトウェアの力を使えば夜景もこんなにキレイよ!」とか(笑)

他にも、二画面搭載で折りたためたり、ペンが付いていたり、物理的にキーボードが付いていたりと個性が溢れています。Androidが登場した当初は動作も不安定で頼りない印象でしたが、近年、端末自体の処理能力が上がったことも含めて、すっかり様変わりしましたね。

そんなAndroidの世界に面白さや羨ましさを感じていました。

iPhone から Andoroid に移っても問題ないの?

移行ツールやバックアップの方法などを用意してくれている!

いろいろ調べてみると、AndroidからiPhoneへの移行も、またはその逆でも、メーカー各社やアプリの開発元が「移行ツール」や「バックアップツール」「インポート/エクスポート機能」を用意してくれているので、お互いのデータ移行については大きな問題はなさそうです。

実際に、僕が使っている主要なアプリはAndroidもiPhoneもどちらも用意されているものが多く(一部例外はありましたが、代替えできるアプリも多い)、僕自身は iPhone → Android への移行でしたが、ほとんど問題なく移行できました

ただ、「このアプリがないと困る」という場合には、乗り換え前にはしっかりと確認しておくと良いと思います。

  • 乗り換え先のOSでもそのアプリは提供されているか?
  • アプリ自体のデータ移行ツールやバックアップの方法はあるか?(それは簡単?それとも手間がかかりそう?)
  • アプリがなさそうであれば、代替えできそうなアプリはあるか?
  • 代替えアプリが見つからないとすれば、諦めてもよいか?

こんなところを把握できていれば、OSが変わってしまっても乗り換えへのハードルは低くなると思います。いまでは、クラウドサービスも各種登場しているので、データの保存や移行に関しては難しく考えなくてもいい、本当に便利な世の中になってきたと思います。

ただ、実際に乗り換えをしてみて、幾つかのアプリでは注意が必要でした。まだ数は少ないですが注意すべきアプリを以下の記事でまとめていますので、お時間ありましたらご覧くださいませ。

けいパパ

iOSからAndroidへの乗り換え時に気をつけたいこと【アプリ編】

他に候補に挙がった機種たち(参考)

ちなみに、Galaxy Noteの他に機種変候補に挙がった機種についても触れておきたいと思います。

iPhone XR

Apple iPhone XR(公式サイトより)

僕はもともと iPhone SE を利用していたので、安定した運用を選ぶならやっぱりiPhone かなと思っていました。

iPhone XRの候補理由
  • 2018年秋冬時点でのiPhoneシリーズの最新機種
  • XS や XS MAXといった上位機種はあるものの、かなりの高額のため候補から除外。
  • XR 自体は廉価版という位置づけのようだけど性能的には申し分なさそう。ハイスペックを求めるつもりはないので、僕には XR で充分そう。
  • やっぱりカラーが豊富なのは魅力のひとつ。選ぶとしたらイエロー。仕事用途なら選びづらい色だけど結局カバーを着けるだろうし、スマホで黄色は珍しいから。
  • 実際に店舗で触ってみると思ったより大きい!という印象が残ってしまった。
ちなみに高額な XS や XS MAX ですが、ドコモで買うなら機種ごとの割引率が高いので思ったよりも買いやすい気がします。

けいパパ

あらためてドコモの料金シミュレーションで比較してみると、今回、僕が選んだ Galaxy Note9 と XS MAX は意外と同じくらい。XSならNote9よりも安かったです。

けいパパ

Google Pixel3

Google Pixel 3(公式サイトより)

Androidを作っているGoogleが提供するスマートフォン。

Google Pixel 3 の候補理由
  • Google製のPixel3ならGoogleの各種アプリとの相性は抜群かも!
  • カメラに写った商品を認識→検索ができたり(Googleレンズ)、自撮り側のレンズでは広角にも対応しており、複数人数+背景も一緒に入れられる!という点に魅力を感じた。
  • 本体デザインは背面のカラーリング(ツートン仕様)や電源ボタンがワンポイントで色が異なっていてこういうデザインが好き!
  • 5.5インチの Pixel3 は本体重量が148g。iPhone XR が194g なのでとても軽い!持ち運びを考えるなら断然こっち!
実は、カメラ性能やGoogleのAI技術を駆使したソフトウェアに未来感を感じたので、Pixel3 狙いで予約受付開始日に予約までしていました。

ところが、その後いろいろ見たり考えたりするうちにGalaxyNote9に心が移ってしまったのでキャンセルすることに・・。

けいパパ

Huawei P20 Pro

HUAWEI P20 Pro(公式サイトより)

こちらはLeicaのトリプルカメラを搭載したスマートフォン。

HUAWEI P20 Proの候補理由
  • 電話機能よりもカメラ機能を重視!という場合はこれかな〜と思っていた機種
  • 本体背面のデザインは「横にして使ってネ♪」と言わんばかりのデザインで、こういう何かに特化した製品が大好き
写真が好きな人ならおそらく知っているであろうLeica(ライカ)。僕は詳しくないのですが、それでもそのレンズで撮った写真が好きと言われるほどのブランド力があることは知っているつもりです。

そんなこだわりのレンズが載ったスマートフォンということで興味がありました。ただ、今回の機種変更の目的を考えるとカメラ機能のみを重視するわけにはいかず、早い段階で候補から外れてしまいました。

ネットで調べてみると、このカメラ性能に言及している記事が多く、評判が高いことが伺えます。スマホ=デジカメの代わりという人にはピッタリの製品かもしれません。

けいパパ

まとめ

想像以上に長くなってしまいましたが、機種選びの際に調べたり考えたりしたアレコレをまとめてみました。

僕なりの機種選びのポイント
  • 店舗で実際に見たり、触ったりすることは大事!
    一度で足りなければ、二度・三度と実際のお店に足を運んだ方が良いです。その時間を確保するのは大変ですが、あらためてその価値を実感しました。
  • 自分の譲れない条件(こだわる点)やその優先度を考えてみる!
    メーカー公式サイトやSNS、ブログなどを見ていると良くも悪くも心が動かされます。そして、それが続くと本当に自分が欲しい性能や機能が分からなくなりがち。そんなときは頭で考えていても意外と漏れたり抜けたりするので、紙やノートに書いてみると整理しやすくなるはずです。
スタッフに話しかけられるのが苦手・・という方は「まずは自分で触ってみたい」「何かあったらそのときには聞いてもよいか」といった形で、一旦やんわりと断りつつも、あとで相談するかも?というニュアンスを伝えておくと、お互いにメリットが生まれるように思います。

けいパパ

さて、実際に機種変更をしてまだ数日なのでいまは満足感でいっぱいですが、もしかしたらこの先思いが変わってしまうかもしれません(汗)。

今後の使い勝手や印象がどう変わっていくのか?そんな点もふまえて、また時期をあらためてGalaxy Note9のレビューができればと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください